LPガスを安全に使うために、LPガスの基礎知識  
 
高圧ガス保安協会
LPガスの基礎知識 CO中毒事故防止 給排気設備 販売事業の手引き 行政庁への法手続き トップ
LPガスの基礎知識
HOME LPガスって何? 特性を知ろう 安全に使うには ---
ガスを使用するとき 点検とお手入れ
もしものときは 災害が起きたら

ガスを使用するとき

点火消化の確認

点火、消火は必ず確認してください。
使用中はその場を離れないようにしてください。
(火が消えたり、鍋の油に着火すると危険です)

換気をしよう

室内でガス器具を使用するときは換気扇を使ったり、ときどき窓をあけて十分換気してください。

*LPガスの燃焼には、たくさんの空気が必要です。換気が充分に行われていないと、酸素が不足して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生して大変危険です。

空気中のCO濃度 吸入時間と人体におよぼす影響
0.01% 数時間の呼吸後でも目立った作用はない
0.02% 0.5時間後には軽度の頭痛を起こす
0.04%〜0.05% 1時間後に頭痛、吐き気、耳鳴りを起こす
0.08%〜0.10% 1〜1.5時間後に意識を失う
0.15%〜0.20% 0.1〜1時間で頭痛、吐き気が激しくなり意識を失う
0.40%以上 短時間であっても吸引すれば生命が危険になる
※たとえ 0.01%であっても幼児などの場合では、数時間でけいれんを起こすこともあります。

青い炎で
 
LPをお使いのときは、必ず安定した“青い炎”でご使用ください。

良い燃焼
悪い燃焼

燃焼状態の目安は赤火、黄火が出ないこと、煽火(リフティング)や逆火(フラッシュバック)がないこと、
炎が均一であることです。



HOME >>  【安全に使うには】 = ガスを使用するとき >> 点検とお手入れ >> もしものときは >> 災害が起きたら