学習プログラム > 漏えい試験・気密試験 > 3.漏えい試験の方法

3.漏えい試験の方法

漏えい試験とは

充てん容器等のバルブを閉止

① 充てん容器等バルブを閉止する。

② 各燃焼器具に至る配管の末端ガス栓をすべて閉じる。

配管等に漏えいの有無を確認するための器具又は設備を取り付ける

③ 配管等(末端ガス栓を含む)の任意の箇所に漏えいの有無を確認するための器具又は設備を取り付ける。

④ 充てん容器等のバルブを静かに開き、供給管・配管に液化石油ガスを充満させた後、高圧部の供給管等についてガス検知器又は漏えい検知液で漏えいの有無を確認する。

使用圧力以上5.5kPa未満の圧力に加圧

⑤ 低圧部の場合は、次のいずれかの措置を講じる。
【供給圧力で行う方法】
充てん容器等のバルブを完全に閉じ、高圧ホースを使用しているものにあっては、当該高圧ホースの接続部を緩め、又は取り外すことにより高圧部のガスを放出するとともに、低圧部からのガスの漏えいを防止する。
【使用圧力以上に加圧して行う方法】 
充てん容器等のバルブを完全に閉じ、配管等内の圧力を安全な方法で大気圧と同じ圧力に減圧した後、低圧部を空気等又は液化石油ガスにより加圧する。

1) 調整器~末端ガス栓(末端ガス栓を閉じる)の間の漏えい試験
低圧部を空気等又は液化石油ガスにより使用圧力以上5.5kPa未満の圧力に加圧する。
2) 調整器~ガス器具(器具栓を閉じる)との接続部分を含む漏えい試験
低圧部を空気等又は液化石油ガスにより使用圧力以上4.2kPa以下の圧力に加圧する。

⑥ 次のいずれかの方法により圧力降下を測定する。
(ⅰ)電気式ダイヤフラム式自記圧力計又は電気式ダイヤフラム式圧力計を用いる場合、⑤の状態を5分間(当該配管等の内容積が10L以下の場合にあっては2分間)以上保持し、圧力降下のないことを確認する。
(ⅱ)(ⅰ)以外の漏えいの有無を検知するための器具を用いる場合、⑤の状態を10分間(当該配管等の内容積が2.5L以下の場合にあっては5分間)以上保持し、圧力測定器具により圧力降下のないことを確認する。

チャート紙の確認

⑦ 測定の結果、圧力に変動のないものを合格とする。(チャート紙への記入:日時、場所、圧力、測定者等)
※空気で加圧した場合、配管内を供給する液化石油ガスに置換する。
【ヒューズガス栓から管内のガス置換を安全に行う方法】
直径1.6mmの穴を開けたオリフィスをゴムホース内に装着し、ガス栓と連結させ、反対側を風通しのよい屋外に出して行う。

⑧ 燃焼器具の燃焼テストを行う。

供給開始時点検調査票・定期点検調査票の保存

⑨ 供給開始時点検調査票・定期点検調査票の保存
点検・調査票への記入例及びチャート紙等のファイリングする。

漏えい試験・気密試験を行える者

機械式自記圧力計等

電気式ダイヤフラム式自記圧力計

管理容積の早見表

管理容積の早見表

漏えい試験の手順(漏えい検知装置を用いる場合に限る)

その他の漏えい試験の方法として、配管途中に設置した漏えい検知装置を用いる方法も認められています。

参考:漏えい検知装置について

印刷用PDF

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る