学習プログラム 漏えい試験・気密試験

学習プログラム「漏えい試験・気密試験」の目的

この学習プログラムでは、例示基準29節に示された「漏えい試験・気密試験」について要約・解説を行い、わかりやすくポイントをまとめています。 「漏えい試験・気密試験」の作業手順、記録の保存等について正しい知識を学習することで、より確実な業務の遂行に役立ててください。
略称の表記について

漏えい試験・気密試験の重要性

消費者に液化石油ガスを安全に使用していただくためには、設備の維持・管理状態を点検、確認することが大切であり、「漏えい試験」は、供給開始時点検・調査、容器交換時等供給設備点検、定期供給設備点検、定期消費設備調査において大変重要な試験です。また、液化石油ガス設備工事終了時において、その設備の安全性を確認する方法の1つとして「気密試験」があります。正しい方法で且つ確実に「漏えい試験・気密試験」を行うことが事故防止のための大きなポイントになります。

漏えい試験・気密試験を行える者

漏えい試験(保安業務として行う場合)・気密試験を行える者は下記の表のとおりです。

漏えい試験・気密試験を行える者

漏えい試験・気密試験を実施する時期

漏えい試験・気密試験を行える時期

印刷用PDF

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る