給排気設備 給排気設備
経済産業省
学習プログラム
給排気設備 給排気設備
LPガスの基礎知識 CO中毒事故防止 給排気設備 トップ
学習プログラム
 
給排気上の分類

給排気上の分類
 燃焼器具は、設置場所と給気、排気の方法によって分類され、分類に応じて設置基準が定められています。

給排気形式による分類
呼称 屋外式(RF式) 開放式 半密閉式 密閉式
自然排気式 - - CF -
強制排気式 - - FE -
自然給排気式 - - - BF
強制給排気式 - - - FF
設置場所 屋外 屋内

■(1)開放式燃焼器具

 屋内の空気を利用して燃焼し、屋内に燃焼排ガスを出す、こんろ、小型湯沸器、小型ストーブのような燃焼器具です。小型湯沸器などには給排気に必要な基準が定められています。

給排気の例



■(2)半密閉式燃焼器具

 屋内の空気を利用して燃焼し、燃焼排ガスは専用の排気筒を使用して直接屋外に排出します。自然通気力で排出するものを自然排気式(CF式)、動力で排出するものを強制排気式(FE式)と呼びます。



■(3)密閉式燃焼器具

 燃焼用の空気は専用の給気筒を使用して直接屋外から吸引し、燃焼排ガスも専用の排気筒を使用して直接屋外に排出します。密閉式燃焼器具は、屋内の空気を使用しないため、半密閉式燃焼器具よりも安全性が高くなります。自然通気力を利用するものを自然給排気式(BF式)、動力を利用するものを強制給排気式(FF式)と呼びます。


■(4)屋外設置式燃焼器具

 屋外に設置して、給排気を屋外で行うものです。屋内には設置できません。また、波板などで囲われ、自然換気が十分に行われない場所は屋内と同等に扱われますので囲い込みをしないよう注意が必要です。



トップへ戻る


Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.

TOP