LPガスを安全に使うために、LPガスの基礎知識  
 
高圧ガス保安協会
LPガスの基礎知識 CO中毒事故防止 給排気設備 販売事業の手引き 行政庁への法手続き トップ
LPガスの基礎知識
HOME LPガスって何? 特性を知ろう 安全に使うには ---
空気より重い 水より軽い
状態変化 燃焼特性 地球に優しい 災害に強い

燃焼特性

1.燃焼

熱や光を伴う激しい化学反応のことです。


燃焼の三要素:燃焼するには 、

可燃物(LPガス)
酸素(空気)
着火源(温度)

の三つが必要です。


2.燃焼範囲

LPガスは空気中で約1.8%〜約9.5%混ざったときに燃焼します。それ以下またはそれ以上の濃度では燃焼しません。これをLPガスの燃焼範囲といいます。
※都市ガス(天然ガス)の燃焼範囲は約5.0%〜約15.0%です

3.完全燃焼と不完全燃焼

LPガスが完全燃焼すると炭酸ガスと水が生成されます。
化学式に表すとC + 5O → 3CO + 4HOです。 1Lのプロパンが完全燃焼するには、5Lの酸素(空気換算すると24L、実際にはさらに多くの空気が必要)が必要で、3LのCOと4Lの水蒸気を生成します。空気量が不足すると不完全燃焼が起こり、CO(一酸化炭素)やススなどが発生します。

4.高いカロリー

気体のプロパン1m3を燃やすと99MJ(24,000kcal)、ブタン1m3は128MJ(31,000kcal)の熱量を発生します。
また、液体1s当たりではプロパン、ブタンともに50MJ(12,000kcal)の発熱量があります。 これに対して都市ガス1m3は46MJ(11,000kcal)です。気体のプロパンは都市ガスより約2.2倍の熱量があります。


  天然ガス(LNG) 都市ガス(13A) プロパン ブタン
発熱量(MJ) 40 46 99 128
発熱量(kcal/m3 9,600 11,000 24,000 31,000

※ J(ジュール)は熱量の単位で、1Jは約0.239calです



HOME >> 【特性を知ろう!】 = 空気より重い >> 水より軽い >> 状態変化 >> 燃焼特性 >> 地球に優しい >> 災害に強い