LPガス保安技術者向けWebサイト

このサイトについて

Home
保安行政動向
法令改正
事故関連情報
地域保安指導事業用等テキスト
保安専門技術者研修テキスト
学習プログラム
事故事例研究
安全機器類の原理・構造等
パンフレット
参考資料
ビデオ資料
研修事業等業務連絡
知って得する豆知識
全国のエルピーガス協会の紹介
リンク
このホームページのお問い合わせ
利用規約

PDFファイルをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。
こちらから最新版のAdobe Readerをダウンロードしてご覧ください。


知って得する豆知識

毎月1回、LPガスに関する様々な情報を更新しています。
皆様の業務のヒントとしてご活用下さい。
2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003

50kg容器(充瓶)とアルキメデスの原理(12月)

アルキメデスの原理:水の中にある物体は、その物体が押しのけた水(すなわち、物体の水中にある部分の体積)の重さと同じ大きさの浮力を受けて軽くなる。

50kg容器の内容積:118L
重量:36kg

重量:LPガス充瓶の重さ:50kg+36kg=86kgf → 843N
浮力:118Lの水の重さ:118kgf → 1156N

従って50kg容器の充瓶は浮力の方が大きく水に浮くことになります。
水害では多くの容器が流されています。転倒防止のチェーンは、容器の底部からの高さの3/4の位置に、たるみがないよう1本ごとに設けてください。

TOPへ戻る


給湯器の能力(号数)について (11月)

給湯器の能力は、一般に号数表示されています。
号数とは、水温を25℃上昇させたときに1分間に1L出せる湯量のことです。

<前提条件>
水温:冬 5℃、夏25℃
湯温:43℃
浴槽の湯量:180L

上記の前提条件下では、号数による給湯量と所要時間は次のとおりです。

号数 給湯量 (1分間) 給湯に要する時間
16号 10.5L 22.2L 17分05秒 8分06秒
20号 13.2L 27.8L 13分38秒 6分28秒
24号 15.8L 33.3L 11分23秒 5分25秒
*冬場は、夏場に比べ半分以下の能力(給湯量)になります。
風呂とシャワーと台所等に同時にお湯を使うことを考えると、3〜4人家族では20号、4人以上の家族では24号が目安となっています。
TOPへ戻る


LPガスの蒸発熱と凍傷について(10月)

LPガスが液体から気体に変化することを蒸発といい、蒸発に必要な熱を蒸発熱又は気化熱といいます。


沸点 蒸発熱
プロパン −42℃ 425.6kJ/kg
n−ブタン −0.5℃ 366.4kJ/kg

LPガスの液体が身体に触れると、蒸発熱のため、生体の組織が凍結し「凍傷」になります。取り扱いには、十分注意するとともに、夏季であっても革手袋や長袖等皮膚を保護するものを着用してください。
もし、凍傷になった場合は、凍傷の部分を、40〜42℃の温湯で15〜30分ほど暖めてください。水泡のできるほどの凍傷を負ってしまったら、皮膚科で受診してください。

TOPへ戻る


給気、排気の必要性(9月)

プロパンガスは空気中の酸素と反応して燃焼します。
C3H8+5O2=3CO2+4H2O

理論空気容量はプロパン1に対し空気24(酸素5)が必要になります。
空気中には約21%の酸素がありますが、空気中の酸素が18%以下になると不 完全燃焼が起こり一酸化炭素が発生すると言われています。

完全燃焼をするためには、21%−18%=3%の酸素濃度が低下しないように、常に継続して給気が必要になるわけです。もちろん燃焼生成物を逃がす換気も同様に必要となります。
燃焼器具の使用には常に給気、排気には注意しましょう。

TOPへ戻る


止めても無駄です。鉄は錆びるよう日夜努力しております。(8月)

イオン化傾向によって異種金属間で鉄が溶ける場合もありますが、一般的には水や空気と接触すると鉄は酸化して錆が発生します。
つまり、鉄は錆びるのが自然の摂理であり土壌や水分等によってその溶けるまでの速度が若干異なります。
我々は、鉄の性質を考慮して錆びるのを遅らせるように管の表面にコールタールを塗ったりプラスチック類でコーティングしたりして使用しております。
もっと発想を変えて錆びる鉄を使用しないで、錆びない材料を選択し使用しております。それがステンレスを用いたフレキ管、ポリエチレンを用いたPE管です。
欧米の都市ガス会社では、埋設管=PE管といった国もあります。

我々の業界もさらに非鉄管を使用されていくのでは?

TOPへ戻る


青本、黒本とは?(7月)
青本:「LPガス設備設置基準及び取り扱い要領」 高圧ガス保安協会発行
表紙が青いことから通称「青本」と呼ばれています。
本書は、従来の「家庭用LPガス設備要領」を全面的に見直し、LPガス業界総意の下に高圧ガス保安協会が自主基準として作成したものです。
初版は平成10年9月に発行され、その後改訂を重ね、最新版は平成16年7月30日に発刊される予定です。

本書は、LPガスの販売や設備の設計、施工、維持管理等これら実務に 携わる人達が、安全かつ円滑に業務が進められるよう、設備を設置する場合の望ましい方法や法規制関連事項の要点を簡潔にまとめ、関係者が誰でも使えるような内容になっています。


黒本 :「ガス機器の設置基準及び実務指針」 財団法人日本ガス機器検査協会
発行表紙が黒いことから通称「黒本」と呼ばれています。
本書は、ガス消費機器、給排気設備等の関係、さらには、ガス消費機器 の技術進歩等を踏まえた総合的なガス消費機器の設置基準です。

以上のように「青本」「黒本」とも販売事業者、設備工事業者等にとって必携書です。各事業所に備え、保安教育用テキストや設備工事・維持管理等の「虎の巻」として有効に活用され、ガス事故の未然防止に役立てください。

TOPへ戻る


法規集の読み方は?(6月)

法規集は、必要な条文を探してその部分を読む人が多いと思いますが、液石法をよく理解するために後ろのページにある「通達」を一読されてはいかがですか。法令の運用及び解釈の基準について書かれています。
通達をよく読めば、液石法が今まで以上に理解でき他人に対して自分の言葉で説明できるようになります。通達は、利用する人のために後ろからページがついていますから、活用しやすいですよ。

TOPへ戻る


プロパンの圧力の凄さ(5月)

0.1MPa(約1kg/cm2)とは、 100kg/10cm×10cmのことで、10cm×10cmは大人の手のひらの大きさに相当します。

従いまして、1kg/cm2とは、手のひらに100kgの体重の人を乗せて支えていることになります。プロパンは20℃で0.725MPa(7.4kg/cm2)ゲージ圧ですので、手のひらに740kg(小錦3人分)乗せることに相当します。

TOPへ戻る


何度まで耐えられる容器用弁(4月)

火災現場に行ったり、充てん所に火災現場から戻った容器を見ることがあります。そのほとんどの容器は、空で表面はかっ色であり、容器バルブは溶けて原形を留めておりません。いったいどれくらいの高温であったのか?疑問を感じたことはありませんか?

容器用弁の材質により溶ける温度が違います。
・ハンドル アルミ合金(ADC12) 576〜580℃
・安全弁スプリング ステンレス(SUS304) 1398〜1427℃(出典:機械工学便覧より)
・バルブ本体 真ちゅう(C3771) 880〜895℃
・ステム、弁体等 真ちゅう(C3604) 885〜900℃(出典:金属便覧より)

火災現場等での容器の状態も温度の推定の参考にしてください。

TOPへ戻る


マイコン(S)によるCO中毒事故防止対策 (3月)

CO中毒事故件数が減少しませんが、マイコンメーター(S)の機能にCO中毒事故防止対策があることをご存知ですか?

不完全燃焼防止機能のない4・5号開放型湯沸器に対応して、流量区分[5][6]の遮断値を20分に固定することができます。CO警報器との併用により、CO中毒防止に大きな効果を発揮します。
([5][6]流量区分はふろがまの流量区分にも相当します。設定する場合は、ふろがまがないことを必ず確認してください。)

流量区分 流量(L/h)
5 290以上 375未満
6 375以上 500未満
TOPへ戻る


今日も一日疲れた。さてお風呂に入りたいが?(フロがま、フロ釜等)(2月)

「ふろがま」の表記はメーカーのカタログ、業界紙等表現が様々です。
法令や事故報告では「ふろがま」となっております。考えているだけでなかなか湯船に入れませんね。

TOPへ戻る


胃腸で火を消せ!(消化器にご注意)(1月)

我々LPガス業界で用語として重要な「しょうかき」をワープロで漢字変換いたしますとまず「消化器」と変換されますね。胃腸では火が消せません。
「消火器」にご注意ください。

同様に地震発生!この場合の「たいしん」は「耐震」か「対震」のどちらを使い分ければよいですか。
「耐震」は、建屋の基礎・構造など地震に対抗する構造など。
「対震」は、ガス放出防止器など地震に影響されないような安全器具など。
使い分けしてください。

また、「異常」「以上」もよく変換ミスがあります。確認が大事ですね。

TOPへ戻る


戻る


The High Pressure Gas Safety Institute of Japan